三味線コラム -No.201 譜尺について。〜続き(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。
今日は譜尺のお話の続きです。

前回は長唄の譜尺のお話でしたが譜尺は他のジャンルの
三味線用にもあって、

地唄用というのもあります。

長唄の文化譜尺は0(ゼロ)が開放弦で1・2・3・・・となっていきますが。
地唄の譜尺は1が開放弦で2・3・4・・・・と一つずつズレます。

下の勘所にいきますと、

長唄の文化譜は開放弦の一オクターブ上は10と表記されますが、
地唄の場合は開放弦の一オクターブ上は1に戻ってその横に点がつきます。

私は長唄を習ってからその後地唄のお稽古をしたのですが、
この表記の違いに最初は少し戸惑いました。
つい文化譜の方でとっさに押さえてしまいました。

でも地唄の方ってあまり使わないんですよね。
当店でも地唄の譜尺売っているのですがほとんど売れないです。

その他ですと民謡では一寸五分短い三味線を使うのですが、
一寸五分短用の譜尺もあるんです。

家には一寸短三味線用の譜尺が有りました。
それからすると昔は色々な譜尺があったように思います。

沖縄三線ですと楽譜は工工四ですので、また違うのですがこちらも譜尺と言うかは
分からないのですがポジションシールは有るんですよ。

バイオリンにもポジションシールがあるようですので、
やはりフレッドの無い弦楽器は正確に勘所を抑えなければいけませんから、
やはり慣れるまでは必要なのですね。

それでは寒くなってきましたが皆さん風邪には気をつけてくださいね。
お唄が歌えなくなりますよ。(^^)

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

 

亀ちゃん(亀屋邦楽器)

亀ちゃん(亀屋邦楽器) の紹介

当店亀屋邦楽器に色々な取材の依頼や修学旅行の学生さんがいらっしゃいます。 その時の取材や訪問の様子を掲載しております。また亀屋が注目する邦楽の話題を提供します。メールで私に演奏会の紹介して頂ければ載せていきたいと思います。(邦楽の演奏会に限ります。)ぜひ覗いてみて下さい。亀屋邦楽器(http://www.e-kameya.com/)
カテゴリー: コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください