修理

三味線亀屋 OnlineShop

糸巻き取替え

【 お買い上げ総額一万円以上 送料無料 】

糸巻きがあまりに短くなりすぎると上手く力が入らなくなり止まらなくなります。
直せない場合、糸巻きを3本取り替えます。(素六と面取りは、同じ値段です。)
細口は主に長唄・端唄等、太口は主に小唄・民謡、津軽用は津軽用の糸巻きです。

修理のお見積もり目安
本黒檀 細口 10,000円より 太口 11,000円より(税抜き)
三本一組
青黒檀 細口 13,000円より 太口 14,000円より(税抜き)
三本一組
津軽(素六) 黒檀 22,000円より / 青黒檀 28,000円より(税抜き)
三本一組
象牙 細口 70,000〜120,000円 太口 90,000円〜130,000円
津軽 200,000円〜
(税抜き)三本一組(象牙の糸巻きの値段は象牙の質によって変わります。)

修理のこだわり

三味線は長くつかえますのが何十年も使うと糸巻きが短くなって使いにくくなります。なるべく糸巻き調整で直すのですが、どうしても直らない場合は糸巻きのお取り替えをお勧めする事になります。糸巻きの止め方は人それぞれ違うので、硬すぎずゆるみすぎないように注意を払いながら糸巻きを付け直します。

三味線の梱包方法

詳しくは三味線梱包方法のページをご覧ください

修理のお問い合わせ

修理のお問い合わせはメールでも承っております。
お問い合わせ:info@e-kameya.com