日高洋輔の奮闘記その百六十八 ”二胡と三味線”

三味線亀屋 日高洋輔の奮闘記その百六十八”二胡と三味線”

こちらの写真、
先日、舞台で二胡と津軽三味線の両方を弾く演奏者が台湾から来てくださいました。
元々は二胡の演奏者として活動されてた方ですが、三味線の音色に惚れて、今では二胡、三味線を海外などのステージで演奏しているそうです。
なかなか日本に来るタイミングが無かったが、前日にたまたまチケットが手に入ったので、急遽、日帰りで買いに来てくれたとのこと。
日本の楽器を買うためだけに、飛行機で日帰りで来てくださり、その心意気に脱帽です。

台湾では三味線や尺八、太鼓など、和楽器を習う方も増えてきてるとのこと。

和楽器の音色を世界中の沢山の方に届けて頂けたらいいなと思います^_^

三味線亀屋 日髙

カテゴリー: スタッフ日高洋輔の奮闘記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください