三味線コラム-No.217 さわりとテープ。(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
今日から東京も涼しくなってきました。
秋ですね〜〜〜
秋といえば演奏会シーズンです。
当店にも皆様から演奏会のチラシを頂きます。
お店に置いてありますのでご来店の際にはご覧くださいね。

今日はさわりにテープというお題です。
さわりにテープ?と思った方がいるかもしれませんね。

東さわりが付いていないさわりについてなんですけど、
さわりがいい状態で長く使うのって結構難しくて、
糸は絹糸を縒(よ)って作っているので一の糸を調弦などで
動かしているとさわり溝が削れて深くなってしまいます。
そうしますとさわりが長く続かなくなって”び〜〜〜ん”
というさわりではなく”びん”という余韻のないさわり音
になってしまうんですね。

これは糸がさわり線にくっついてしまうのでそうなってしまいます。
時々三味線を弾かない時に一の糸巻きを二の糸巻きに引っ掛けて、
さわり溝から外して保管している方がいますが、
これもさわり溝が糸で削れないようにする工夫ですね。

さて今回のお題さわりにテープですが、さわり線のところに
テープを貼るのです。

分かり易いように白いテープを貼っていますが、普通の透明なセロハンテープを
貼りますとテープが見えなく分かりません。

こうすることによってさわり溝が削れてきてさわりが”びん”となってきたら、
セロハンテープを外すとまたいいさわりになります。

結構知っている人はやっているんですよ。
今テープがない様態でいいさわりが付いている場合はテープを貼りますと、
かえって”びん”さわりになってしまってダメなのですが、
楽器屋さんなどでカンベリをする時にテープを貼ってさわりを付けて下さいといえばやってくれると思います。

このテープを貼る位置もプロの方は工夫してまして、さわりの凹んでいる方にテープを貼ったり工夫してます。

以上さわりとテープというお題で書いてみました。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

カテゴリー: 2019年, コラム | コメントする

ラジオエルメスでお客様 本條秀慈郎さんが出演します。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
当店のお客様 本條秀慈郎さんがラジオエルメスで
坂本龍一さんと共演しております!

ラジオエルメスとはあのブランド”エルメス”が9月1日(日)から9月29日(日)
の一ヶ月間原宿に開局したインターネットラジオ局です。

あのエルメスが作るラジオ放送ですのでおっしゃれな文化人たちが多数
出演しています。

坂本龍一さんと本條秀慈郎さんの放送はラジオとはいえ映像も観れます。
放送時間が決まっていますのでチェックして視聴ください。

ラジオエルメスHP
https://www.radio-hermes.com

『Radio Hermès Tour』坂本龍一×本條秀慈郎
https://www.radio-hermes.com/schedule/23

ラジオエルメスリスナーのためだけに演奏された音楽家・坂本龍一さんと三味線演奏家・本條秀慈郎さんによる豪華スペシャルセッションライブ。
坂本さんのアルバム『async』で共演を果たしている二人。
今回のライブでは、坂本さんが本條さんの三味線のために書き下ろした曲も演奏されます。
ピアノと三味線の音色が重なり合い、美しい音楽の世界へと私たちを誘います。

『Radio Hermès Tour』
坂本龍一×本條秀慈郎、野田洋次郎、Camp Claude。音楽を追求する日本とフランスの3組のアーティストがラジオエルメスのためだけに日本各地の特別なロケーションで演奏したエクスクルーシヴなライブを音と映像でお届けします。

坂本龍一 音楽家
1978年『千のナイフ』でソロデビュー。『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞を、『ラストエンペラー』の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞他を受賞。常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。

本條秀慈郎 三味線演奏家
三味線演奏家の本條秀太郎氏に師事。 2019年ロンドンウィグモアホールにて坂本龍一氏への委嘱作品、ニューヨークにて藤倉大三味線協奏曲世界初演など世界各国を舞台に演奏をする。これまでにBBCラジオ出演やニューヨークタイムスに取り上げられる。

【#01 放送日】
9/1(日) 20:00-21:00
9/2(月) 13:00-14:00
9/6(金) 13:00-14:00
9/7(土) 11:00-12:00

※番組、出演者は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, お知らせ | コメントする

三味線コラム-No.216 桐の見台ご紹介。(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

お久しぶりです〜〜〜
みなさん夏は楽しめましたか?
亀ちゃんは旅行に行ったり楽しくやってましたよ〜

さて夏休みも終わりに近づいてきましたが
ブログ再開したいと思います。

今日はですね見台の良いのがありましたので紹介します。
桐の見台ですが幅広の見台を最近発見しました。
普通の見台と並べてみました。

桐の白木の見台です。
左側の見台が今までの見台です。
こちらの見台は譜本の見開きがうまく収まります。

これはこれで良いのですが、幅広の譜面台を使うと、
地唄の三味線の方などには良いと思うのですが、
地唄の三味線の譜本は綴じていないので、
ページを広げることができるんです。

今までは畳の上で譜本を広げていたのですが、
どうしても顔が下向きになってしまいますよね。

幅広の譜面台を使うと顔をあまり下に下げずに譜本を見る事が出来ます。

以前はこのような譜面台はなかったのですが最近このような譜面台が出てきました。

お値段は4,600円(税別)です。

色々使い方があると思うのですが如何でしょうか。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

 

 

カテゴリー: 2019年, コラム | コメントする

東京琴・東京三味線 展示実演会のお知らせ。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

今回は当店も所属しているイベントのお知らせです。

今年で25回目になる三味線琴の職人たちによる
イベントです。

三味線と琴を作っているところを実演します。
作っている職人さん達と直接お話もできますよ。

プロの演奏家の演奏もあり。(和楽団「煌」)

学生さんの演奏あり盛りだくさんです。

スペースシャトルで宇宙に行った”宇宙琴”も
展示しますよ。

2019年8月25日(日)
総武線両国駅 江戸東京博物館 大ホールで12:30より会場です。
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

私亀ちゃんももちろん出演しております。
あと三味線琴の体験演奏で皆さんをお待ちしています!

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, お知らせ | コメントする

ブログお休みのお知らせ。(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。三味線ん亀ちゃんです。

今日はブログの更新日ですが、
実はいまHPとブログの改善をしておりまして、
ブログの更新はしない方がいいそうなのです。
今週のブログは延期させていただきます。

このブログもうまく皆さんに届けばいいのですが・・・

最近「ブログやfacebook見てます!」と言われることが
多くなり。とても励みになっています。(涙)

亀ちゃんは来週夏休みをとりますが、
通常通りお店は営業しております。
お店の夏休みは8/15(木)のみです。
8/12(月)の山の日の振替休日は営業します。

皆さん夏休みに東京にいらっしゃる方は、
ぜひお店にお越しください。
待ってま〜〜す。(^^)/

次回のブログ更新は8/29(木)予定です。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

 

 

カテゴリー: 2019年, お知らせ | コメントする

2019年07月24日(水)近所の小学校のサマーワークショップに参加しました。

みなさんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。
本日近所の小学校のサマーワークショップに参加しました。

お客様の先生のお声掛けで
最近毎年この時期に参加させて頂いております。
私が一時間先生が一時間の持ち時間で、
やりました。
小学校の1年〜4年生10名ぐらい参加してくれました。

まずは三味線の材料がどこから来るか、
世界地図を見ながら皆んなに見てもらっています。

三味線お材料はインド、東南アジアなど世界中から集めていて、
日本の物は糸ぐらいでしょうかね。

三味線が三つにたためること、
触った感じ重さなどをみてもらっています。

三味線の材料紅木は重いですからね。
皆んなお〜〜〜重い〜〜と言ってました。

最後に胴の材料花林を磨いてもらって、
三味線の糸を通してネックレスにして
持って帰ってもらいました。

いい思い出にしてもらえると嬉しいです。
今日から東京も晴れましていよいよ
夏休みが始まりますね〜〜〜(^^)/

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年 | コメントする

三味線コラム-No.215 棹と胴のつなぎのお話し(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

関東地方は湿度が高い日が続いていますが、
糸巻きが動かない方が増えています。
糸巻きは湿度を吸うと膨らんで金物に食い込んで
動かなくなってしまいます。
三味線弾き終わったら糸巻きを緩めておいて下さいね。
今日も糸巻きが動かなくなったという事で、
お客様のお宅まで動かしに行きましたよ。

今日は胴と棹の繋ぎの部分が緩くなるというお話です。
胴と棹の繋ぎの部分は以下の画像に矢印で指している所です。

もちろん最初はきつく入っているのですが、棹も胴も木なので、
長い間に痩せてきます。
そうすると三味線を持ち上げると胴が落ちてしまいます。

普段は糸が付いているので、音緒が押さえになっていて、
胴が落ちないのですが三味線を三つ折れにしたり音緒を外すと
胴が突然落っこちます。

ですのでやはり三味線を畳む時は胴を必ず持った方がいいですよ。

そうなったらもちろん楽器屋さんに持ち込むのがいいのですが、
演奏前の楽屋などでそうなったら困りますよね。
その時に応急に直す方法をお知らせします。


昔は楽屋でお弁当が出てお弁当が経木で出来ていたりしましたので、
経木を張り付けたりしていました。

今は経木もなかなか手に入らないので厚紙とかを使って頂けばよいように思います。

まあ中に入ってしまうので色はなんでもいいと思います。

これをですね

上記の様に手で押さえながら棹を入れます。
紙がとれない程度にある程度入ったら
グッと両手で棹を胴の中に完全に入れます。

入れ方は下記です。


カチッと音がしたら入った証拠です。
また繋ぎ部分を横から見て隙間がない様でしたら成功です。

ゆるすぎたら紙の厚さを厚くして、硬くて完全に入らないと、
紙を薄くします。

当店はそうならない様に最初になるべく
つなぎ部分は固く入る様にしています。

以上です。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, コラム | コメントする

三味線コラム-No.214 駒の位置(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

今回は駒の位置について書きます。
駒の位置というのはとても大事で
駒の位置で音が大きく違ってきます。

三味線のジャンルによっても違うのですが
例えば下記の画像のように駒をつけます。

右から長唄・地唄・津軽三味線です。

基本的に音緒に近い方に駒をつけるとシャープな音が出ます。
撥皮の方に駒を寄せるほど柔らかく大きな音が出ます。

地唄は柔らかい音が好まれるので少し撥皮側に駒を付けます。
また長唄はシャープな音を好みますので音緒側に駒を付けます。

長唄ですと駒の位置は私の指で音緒から2本ほどでしょうか。

駒の位置が難しいのはこれを基本にして個人で駒の位置が変わります。
津軽の駒の位置があったと思いますが随分と撥皮側に寄ってますね。

津軽の音はシャープな方がいいので音緒側に寄せた方がいいように思いますが、
津軽は音のボリュームも欲しいので駒を上に付けます。

シャープな音と音のボリュームが欲しいとなりますと、
皮を強く張る必要があります。
そうしますと厚い皮を張らなければいけなくなります。
津軽の皮は厚いと言うのはこのような理由があります。

各ジャンルのプロの方は現在ホールなど昔に比べて、
大きな会場で演奏しますのでボリュームが必要になります。

ですので皮はやはり厚めとなります。
しかし演奏家によって演奏方法が色々ですので、
皮を厚くしますと弾きにくいとおっしゃる方もいらっしゃいますので、
演奏家の方にあった皮を使うのですが、
ある程度皮に満足していただけると
駒の位置で工夫して頂くことになります。

ここからは三味線を弾く方全体に言えることですが、

我々職人としては皮の張りを駒の位置で演奏する方が
音色を変えられる位のレベルにすることが大事です。

皮を張りたての時は駒の位置を撥皮側にして
演奏者の好みの音が出るようにしていただきます。

皮が緩んでくると音が変わってきますので音緒側に駒の位置を移します。

それで音緒側に駒を寄せても自分の好きな音が出なくなると皮が破れていなくても
張り替えの時期ということになります。

これが分かっていると自分の三味線の張り替えの時期というのが分かります。

まずはご自分の好みの音というのを見つけてその音が出る駒の位置を探してください。
駒の位置は決まっていなくご自分で探っていくものです。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

 

 

カテゴリー: 2019年, コラム | 2件のコメント

亀屋TV出演のお知らせ。

みなさんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。

さて今回は当店亀屋のTV出演のご案内です。

今度の日曜日6/23 18:30より

地上波7ch 『モヤモヤさまーず2』に出演します。

お知り合いの方々に紹介しているのですが人気番組なので皆さん観てる方が多いいですね。

経堂に引越して初めてのTV出演です。

ぜひお時間のある方はご覧になってください。

観れない方は録画して見てくださいね。(笑)

私も当日は観れないので録画です。(涙)

今回はお琴での出演となります。

以前三味線は番組で取り上げられたようで、

お琴でお願いしますと依頼されました。

スペゲスさんがお琴を体験した事があったからかもしれません。

撮影風景の写真を載せますね。

モヤモヤさまーずHP

https://www.tv-tokyo.co.jp/samaazu2/

三味線亀ちゃん

https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, お知らせ | コメントする

三味線コラム-No.213 柘植の木撥(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは三味線亀ちゃんです。
今日は撥先を柘植で作った木撥をご紹介します。

最近は木撥というと樫撥が多いいのですが、
手元は樫でも撥先を他の木を使っている木撥もあります。
当店は柘植の木撥も取り扱っておりますので、ご紹介します。

柘植の撥はご指名で使う方がいらっしゃいます。
女性の方が多いいでしょうか。
樫より柔らかいので三味線を弾く時に当たりが柔らかく弾きやすいようです。
柘植は櫛に使われるぐらいですので、木目が美しく色合いも綺麗です。
昔は”柊(ひいらぎ)”も使われていたようです。
三味線のジャンルによって奏法も違いますので、木撥の先も奏法に合った、
材料を使ったようです。
今はプラスチックの撥もありますので昔ほど木撥は売れませんが、
自然の材料は落としても削ったりして直して使えます。
再生して長く使えますので愛着がわきますよね。

値段は高いですが柘植撥はオススメです。

さて前回に続きイベントのご紹介です。
東京の紀尾井ホールで行われる
2019年7月27日(土)28日(日)13時開演 先着順 有料
“紀尾井の入門!2019 邦楽の手ほどき 学べる邦楽器”
をご紹介します。
色々な邦楽器や韓国のカヤグムも体験できちゃいます。
ぜひ体験してみたら如何でしょう!

7月27日土曜日のご紹介のページ(紀尾井ホール)
http://www.kioi-hall.or.jp/20190727s1300.html

7月28日日曜日のご紹介のページ(紀尾井ホール)
http://www.kioi-hall.or.jp/20190728s1300.html

以上三味線亀ちゃんでした。
三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, コラム | コメントする