当店が”日本テレビ有吉ゼミ”で再現映像で使用されました。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

2020年01月20日(月)19:00から日本テレビで放送された
”有吉ゼミ”で歌手AIさんの再現映像で当店が使用されました。

AIさんはとても妹さん思いで妹さんが三味線を買いたいと
いったらいきなり100万円の三味線を買ってあげたと言う
エピソードの中で当店が再現映像で使用されました。

放送後ならば書いて良いと言う事でしたので、
今書きます。

10秒ぐらいの放送でしたが当店の撮影では午前中いっぱいかかりました。
撮影というのは大変ですね。
その様子を少し以下に画像で載せますね。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

カテゴリー: 2020年, お知らせ | コメントする

小唄名流大会 チケット差し上げます。

皆さんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。

今日は小唄のチケットをご希望の方に
プレゼントします。

◯2020年1月25日(土) 11時開演
◯日本橋三越劇場(東京)

に行ける方にチケット2枚プレゼントします。
もちろん1枚でも結構です。

当店に住所とお名前チケット枚数をご連絡いただければ、
郵便封筒でチケット郵送致します。
送料は当店で負担いたします。

ご希望の方は電話03-3429-8389か
メールinfo@e-kameya.com
にご連絡ください。
facebookの方はメッセージからでも結構です。

東京新聞小唄名流大会のHP
https://www.tokyo-np.co.jp/event/bu/kouta/

 

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2020年, お知らせ, 演奏会情報 | コメントする

三味線コラム-No.225 撥皮の位置の話。(三味線亀ちゃん)

皆さん改めて明けましておめでとうございます。
三味線亀ちゃんです。
令和2年になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
当店は小田急経堂駅から近い事(徒歩3分)が
だんだん浸透してきまして、来客者が多いい様な気がしてます。
ありがたい事だなと思って新年を過ごしています。

さて今年1回目は撥皮の位置と言う少しマニアック!?
な事を書こうと思ってます。

撥皮というのは表皮の撥が当たるところに張る
皮が痛むのを防ぐガードの役割の為にするものです。
撥皮の位置というのは長唄・地唄・民謡などジャンルによって違います。
何故かと言うとジャンルによって奏法が皆違うので皮に撥を当てる位置が
違うので撥皮の張る位置が変わります。
亀ちゃんがこれを書こうと思うのは習っている方は
一つのジャンルしか習っていない方が多いいので、
違うジャンルの撥皮の位置など興味深いかなと思って
書こうと思いました。

撥皮はこの様な半月の形をしています。
(例外がありまして津軽や義太夫の方はまた形が違います。)

これを表皮の上に張るのですが、長唄三味線ですと

撥皮って白いので皮と見分けがつかないかと思って、
撥皮の両端と撥皮の上の平らな部分を矢印で記しています。
(分かりにくくてすみません想像力で少し補ってください。)
皮の一番上よりも少し下に張りまして中心より
向かって右より(3の糸側)に張ります。

なぜ右寄りにするかと言いますと撥は1の糸側から3の糸側
に振り下ろしますので、3の糸側に撥先が皮に当たります。
ですので右に寄せておかないと三の糸を弾く場合など
撥皮のない所に撥先が当たってしまいます。
その為に撥皮を向かって右寄りに張ります。

次は地唄や民謡に場合の撥の張り方です。

やはり向かって右よりに張るのですが
胴の上の一杯にかかる様に張ります。
これは長唄より撥を胴の上の方に当てるので
撥皮は上に張ります。
面白いですね奏法によってこんなに撥皮の位置って
違うんですよね。

あと指で弾く小唄ですが

胴の真ん中に上一杯に張ります。
小唄は指で弾いて皮に当てないので、
必要にない様に思いますが、
これは格好が良いから張ります。
撥皮が張っていないと何か
物足りないと言うかそんな感じがします。
家は撥皮張っていますが小唄の三味線で
撥皮を張らないのもたまに見ることがあります。

私の印象ですが関西など西の方で張らない事が
ある様な気がしてます。
東京はほとんど張っている様に思います。

家は結構撥皮は右に寄せて張ります。
と言うのは以前何人かの演奏家の方に
右に寄せて張ってくれと言われまして、
確かに初心者の方など撥で撥皮を剥がす方も
いらっしゃるので右に寄せた方がいいと思い
撥皮を右に少し極端にわざと張ってます。

撥皮は皮の痛みを防ぐものなので、
音的にはない方が良いとされています。
ですので一般的には撥皮は薄い方が良いとされていますが、
薄いと張るのが難しいです。
撥皮ノリをつけるとくしゃくしゃになったりして
失敗したりします。

一般の方は薄いのは避けた方が無難かなと思います。

あとですね、ご自分三味線の撥の当たる皮の場所をよく見ると、
撥皮が張っていないところの皮が傷んでいる場合がある事があります。
この場合少し自分の弾き方を見直すのと次回撥皮を張る時に
その部分に撥皮が、かかる様にずらして張ると良いと思います。

撥皮を見て同じところが傷んでいる様ですと撥の軌道が
一定ですので良い撥の当て方と言えると思います。
ご自分で撥の軌道をチェックする目安になると思いますよ。

以上三味線亀ちゃんでした。

今年からコラム以外にも色々ブログやFacebookで今まで以上に
情報を発信しようと思ってます。

もし気に入っていただいたらFacebookの”いいね”を押してくださいね。(^^)/

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

カテゴリー: 2020年, コラム | コメントする

今日は一日新宿高島屋で実演してます。

皆さんこんにちは。 三味線亀ちゃんです。

今日1月10日は新宿高島屋11階の東京都伝統工芸品展で一日実演してます!

20:30までやってます!

時間がありましたら寄ってみて下さいねー

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

令和2年1月9日(木)より東京新宿高島屋で三味線・琴の展示販売会します。

こんばんは。 三味線亀ちゃんです。

亀ちゃんも参加している東京組合のイベント
”第63回東京都伝統工芸品展”が
東京都の高島屋11階催事場で明日1/9(木)〜1/13(月祝)まで開かれます。

毎年この時期に行われる東京都の伝統工芸士会のイベントです。
当組合も東京都の伝統工芸品に指定されておりますので、
毎年参加してます。
今日は準備の為に高島屋に行ってきました。

東京都の伝統工芸品が一堂に会いします。
江戸切子等人気の工芸品も展示されていますし、
伝統工芸士が実際に実演しています。
体験コーナーもありますので楽しいですよ。
当組合は土曜日曜日で演奏家の方が演奏したりしますし、
我々職人が実際に作業しているところも見れます。
日頃疑問に思っていることを直接相談ができますよ。

私亀ちゃんも1/10(金)1日実演していますので、
興味がある方は是非見に来てください!
もしよかったら声を掛けてくださいね。
お待ちしてます!

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

三味線の木製の名刺入れ・パスケース・ストラップです。
今回初販売です!

イベントをSNSで発信した方に先着100名様に
東京本染ミニ手ぬぐいを本部がプレゼント!

11F催事場ですからね!

カテゴリー: 2020年, お知らせ | コメントする

令和2年営業始めました。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

本日1月6日(月)より亀屋邦楽器営業始まりました。
天気も良く従業員一同元気に始められて大変嬉しいです。

さて毎年三輪さんという方が初春一番に当店に来店してくれます。
いつも少し私に色々お店についてヒントを下さるのですが、
今回は私も思う事がありまして例年より長くお話しさせて頂きました。
とても参考になりまして年の初めに良い方が一番に来て下さったなと思い
営業を始めた次第です。

この三輪さんがご紹介して下さった”新春こども寄席”をご紹介します。
東京都中央区のお江戸日本橋亭で在日外国人・日本人小中高生向けに
落語等の寄席芸を無料で開催します。
必ず三味線も入れて下さっているそうで今回は義太夫です。

是非みなさんご参加ください。

「第25回新春こども寄席」​

1月19日(日)14時 お江戸日本橋亭​​

瀧川鯉橋(落語)、竹本京之助・鶴澤津賀寿(義太夫)​​

ふりだし(玉すだれ)、カルーア啓子(バルーン漫談ショウ)​​

未就学児歓迎  無料(福引付)​​

(三輪)03-3439-3106 mitsuwasekken@hotmail.com​​

https://www.facebook.com/events/570302323759381/
(お詫びと訂正:昨日1/6(月)にブログに上げた公演内容が間違っておりました。
1/7(火)9:20に訂正いたしました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。)

A happy new year.
My store opened from today in 2020.
I felt relax in my new year holiday.
I want to try good year for our store from today.
I introduce to open event for elementary and junior high schoolers.
This event is free.
You can see Rakugo,Gidayu, Tamasudare, comedian play bloom show, Lottery for children.
This place is Nihonbashitei in chuou=ku Tokyo.
I wish that it will be a wonderful year for you.

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2020年, お知らせ | コメントする

本年も宜しくお願い致します。

皆さんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。

亀屋邦楽器は明日令和2年1月6日(月)より

営業を始めます。

本年も変わらぬご愛顧宜しくお願い致します。

写真はお正月に行った三保松原に行った時の

ものです。

雲一つない快晴で富士山がとても見事に見えました。

今年は初春から縁起が良いなと思った

亀ちゃんです。

(味噌味の静岡おでんも最高でした‼︎)

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントする

令和元年もお世話になりました。

みなさんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。
令和元年もお世話になりました。
ありがとうございました。

小田急線の経堂に引っ越しましてちょうど1年になります。
新店舗での大掃除も初めてですし、年越しも初めてです。
本日12月28日(土)で仕事納めになりますが、
本日もお客様にご来店いただいて賑やかに一年を終わることができました。

来年は1月6日(月)より営業いたします。
干支が一回りしましてねずみ年になります。
かめ年もあればいいのに・・・(笑)
皆様のますますのご繁栄をお祈りいたします。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, ご挨拶 | コメントする

アクセサリー付き指掛入荷しました。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

入荷待ちでしたアクセサリー付き指掛入荷しました。
今回は色が多く入りましたのでご覧ください。

指に指輪をはめたように綺麗に花が付いています。
三味線を弾く方が作っていますので花は邪魔にならない
位置に付いています。
手作りですので数量限定です。

早い者勝ちですのでよろしくお願いします。
お稽古のやる気が出ますよ!

当店指かけのページ
https://e-kameya.com/accessory/yubikake.html

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

カテゴリー: 2019年, お知らせ | コメントする

三味線コラム-No.224 特注の木撥の話。(三味線亀ちゃん)

みなさんこんばんは。 三味線亀ちゃんです。

当店が引っ越してから一年になります。
(小田急線豪徳寺から小田急線経堂へ)
最初は少し不安でしたが駅から近い事もあり、
徐々にみなさんに認知されてきたかなと
思っております。

さて今年最後のコラムは当店で作った
特注の木撥をご紹介します。

以前から長唄の先生方から既存の木撥は薄いので、
厚い木撥を作って欲しいというご要望がありました。
そのような声が増えてきまして、
それでは作ってみようという事で先の厚い木撥を
作りました。

木撥の特注の20匁をご紹介しますと
以下のように大きさは変わりません。

しかしですね先を比較してみますと

厚くなっているのが分かりますでしょうか。
だいぶん厚くなっています。

先も厚くなっていますが撥のしなりを出す二番という部分も厚くしてます。

撥というのは正解がないのでこれが良いというわけではないのですが、
厚ければ自分で薄くして好みに出来ます。

”これじゃあ厚いよ。”という方も正直いらっしゃいますが、
選択肢が増えることはいいことかなと思って作りました。

20匁と25匁をご用意しております。
現在は以前作った撥がありますので普通の木撥とほぼ変わらない
4,000円(税別)でご提供しております。

今でも流派で撥の形が違いましてそれぞれの特注撥を、
見ることがありますが興味深いですね。
勉強になります。
皆さん撥は色々こだわりがあるんですよね。

今年もお世話になりました。
来年はコラムだけでなく色々気になった事を
ブログで載せていきたいと思っております。
来年は1/16(木)に再開したいと思ってます。
お店は12月28日(土)まで通常営業しております。
大掃除をしている時もあるかもしれませんが、
よろしくお願いしますね。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

 

 

カテゴリー: 2019年, コラム | コメントする