修理

三味線亀屋 OnlineShop

中木付け

【 お買い上げ総額一万円以上 送料無料 】

中木(胴の中に入っている棒の部分)は三味線の棹とニカワで接着しているので、長い間に接着力が弱まってとれる事があります。中木をつけるには決まった角度(ハの角度)がありますので、トンボ(定規)を使って三味線のジャンルのよって適正な角度につけ直します。お値段は付け直しの手間によって変わります。

写真をクリックいたしますと、拡大写真が閲覧できます。

  • 三味線修理中木付け01
  • 三味線修理中木付け02
  • 三味線修理中木付け03
  • 三味線修理中木付け04
  • 三味線修理中木付け05
修理のお見積もり目安
中木付け 3,000~6,000円(税抜き)

修理のこだわり

演奏する方が知らないうちに中木がとれる事があります。この場合糸と撥皮部分の間隔が極端に広くなって弾く事が出来ません。三味線のジャンルでも適正なハは変わりますが、棹の反りによっても当店ではハの角度を変えています。

三味線の梱包方法

詳しくは三味線梱包方法のページをご覧ください

修理のお問い合わせ

修理のお問い合わせはメールでも承っております。
お問い合わせ:info@e-kameya.com