修理

三味線亀屋 OnlineShop

胴付け

【 お買い上げ総額一万円以上 送料無料 】

三味線の胴は四つの面を接着して胴にしています。長い間皮を張っていると、接着が弱まってバラバラになってしまう事があります。これをまた接着し直して胴の形にします。胴付けをする時は皮を取りますので張替えが必要になります。胴の接合部を見ると開いている胴がありますがその時は胴付けなおしが必要かもしれません。胴付けする時は皮は取ってしまうので、皮張りが必要になります。

写真をクリックいたしますと、拡大写真が閲覧できます。

  • 三味線胴付け画像01
  • 三味線胴付け画像02
  • 三味線胴付け画像03
  • 三味線胴付け画像04
  • 三味線胴付け画像05
修理のお見積もり目安
胴付け 5,000円(税抜き)

修理のこだわり

胴は長い間使っていると四隅が隙間が空いてきます。隙間が空くと音が抜けてしまいますので、隙間が空かないようにしっかり接着面を平らにして接着し直して修理します。手と足を使って接着させます。なるべくもとの状態と変わらないようにするように気をつけています。

三味線の梱包方法

詳しくは三味線梱包方法のページをご覧ください

修理のお問い合わせ

修理のお問い合わせはメールでも承っております。
お問い合わせ:info@e-kameya.com