三味線コラム -No.109 象牙製品のお手入れ。

みなさんこんばんは。

今回は、象牙のお手入れについて書きます。
象牙の良い所はプラスチックと比べますと、汗を吸いますので、撥の場合長時間弾いていても、撥が滑りません。糸巻きもお調子替えの時にしっかり握ることができます。

でも汗を吸うということは、その部分が変色します。
以下を見てください。
150618ivory02
この様に長く使いますと握った跡がはっきり残る場合があります。
象牙も三味線同様に20年30年使えますからね。

指の跡がくっきり残っていて、撥を握る時に便利な時もあるくらいです。(笑)
こうならない様にするにはやはり使った跡は付いた汗をよく拭き取ることです。

使った後はつや布巾でよく拭き取ってください。
私は色が薄いツヤ布巾が良いと思います。
色が濃いと色が移る場合があります。
梅雨時の象牙と言うと象牙は三味線と違って、湿気があったほうが良いです。
乾燥していると象牙が割れてきます。
お肌と一緒で潤いがあるほうが良い様です。(笑)
なので象牙はこの季節は過ごしやすい様です。
三味線と反対ですね。

象牙屋さんに聞くと風に当たるのも良くないそうです。

だから家は象牙撥はガラスのウィンドの中に入れて、水を入れたコップを置いています。
150618ivory01

あと撥の置き方も注意してください。
以下の様に置いてください。
ダメな置き方を長時間すると撥が反ってくることがあるので注意です。
150618ivory07

亀ちゃんより
http://www.e-kameya.com/

亀ちゃん(亀屋邦楽器)

亀ちゃん(亀屋邦楽器) について

当店亀屋邦楽器に色々な取材の依頼や修学旅行の学生さんがいらっしゃいます。 その時の取材や訪問の様子を掲載しております。また亀屋が注目する邦楽の話題を提供します。メールで私に演奏会の紹介して頂ければ載せていきたいと思います。(邦楽の演奏会に限ります。)ぜひ覗いてみて下さい。亀屋邦楽器(http://www.e-kameya.com/)
カテゴリー: コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください