日高洋輔の奮闘記その百十一”爪(バチ)”

日高洋輔の奮闘記その百十一 “爪(バチ)”

 

 

三線の爪(バチ)は水牛の角でできています。

image

 

爪には、人差し指の第一関節が入るほどの穴が空いているのですが、

 

人によって指の太さは様々なので

小刀で穴に沿って、少しづつ削り合わせていきます(u_u)

 

 

昨日持ってきた方も、

爪の穴が小さかったので、ガリガリ削って合わせてあげました。

 

削り過ぎないよう何度もはめてもらって 大変でしたσ(^_^;)

 

 

とは言っても、水牛の角を削るのは、さほど難しくなく、

ハサミの片刃でもできるようですので、

 

三線を弾いてると指が痛くなる方は試してみてください(^。^)

カテゴリー: スタッフ日高洋輔の奮闘記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください