三味線コラム-No.263 珍しい三味線タンスご紹介します。

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
東京は9月に入って涼しくなってきました〜〜
お稽古するには良い季節になってきましたね。

さて今日は少し面白い三味線タンスをご紹介します。

通常三味線タンスは桐で出来ているのですがこれは白木で
黒く塗っています。扉のところにガラスがはめ込んであり、
画像のように三味線が外から見れます。


この三味線タンス津軽三味線が入ります。
昔のタンスは津軽三味線が入らないものが多いいのですが
このタンスは入りますよ。

さらにですね津軽三味線は難しいのですが
細棹から中棹ならば縦に2丁入っちゃいます。

この縦に入るというのがとても珍しいですね。
昔は色々タンスも作られたのだな〜〜〜
と感慨深いです。

縦に2丁入ればスペースが狭くても置けますものね。
考えましたね。(^^)


下に引き出しがついていて撥など小物が入ります。

さらにですね三味線を収納するところに棚が付いております。

ですのでちょっと付属品を置いておくのにいいと思います。
木撥とか床に置いておくと踏んじゃったりしますし指掛けなど
小さい物はなくしちゃいますものね。これは考えたなと思いました。
今ではこのような三味線タンスはできません。

この三味線タンスを当店で整備いたしまして販売いたします。

寸法と重量ですが
横幅31cm 高さ120cm 奥行き32cmです。
重さは男性の成人の方なら持てると思います。
女性は難しいと思います。

こちらのタンスお値段税込3万円で如何でしょうか。

大きい商品ですので発送はできません。
当店の近隣、以下の地域の方ならばお届けいたします。
世田谷区・杉並区・目黒区・狛江市・調布市
神奈川県川崎市高津区・中原区

当店に取りに来ていただける場合税込2万5千円にいたします。

現在タンス方の三味線の収納箱は高いですからねお得だと思います。

商品は一つですので先着一名の方に販売いたします。

ご連絡はメール(info@e-kameya.com)・電話(03-3429-8389)でお受けいたします。
お電話は9:30~18:00受付できます。

お支払いはお届け時は現金
当店に御来店できる方はクレジットカードか現金で
お願いできればと思っております。

三味線亀ちゃん
https://e-kameya.com/

亀ちゃん(亀屋邦楽器) について

当店亀屋邦楽器に色々な取材の依頼や修学旅行の学生さんがいらっしゃいます。 その時の取材や訪問の様子を掲載しております。また亀屋が注目する邦楽の話題を提供します。メールで私に演奏会の紹介して頂ければ載せていきたいと思います。(邦楽の演奏会に限ります。)ぜひ覗いてみて下さい。亀屋邦楽器(http://www.e-kameya.com/)
カテゴリー: 2021年, コラム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください