みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
今回のコラムで200回です!
なんとこの私が200回もコラムを書けたなんて!
びっくりです。

最近このコラムを見てくださっている方々から、
”見てますよ!面白いですね。”って言われることがあります。

嬉しいですね!

演奏家ではなく楽器屋視点での文章が珍しいからでしょうか。
色々な面から見た方が興味深いですものね。
これからもよろしくお願いいたします。(^^)

さて今回は譜尺について書いてみましょうか。
譜尺(ポジションシール)は三味線の棹に、楽譜に書いてある
番号や文字を貼るシールです。
代表的には文化譜の譜尺です。
文化譜はギターのタブ譜のように抑えるべきポジションが書いてあります。
開放弦が0で棹の上から1,2,3・・・と書いています。
例えば3の糸の2のポジションを押さえるように楽譜に書いてあると、
譜尺に書いてある2の番号の所の3の糸を人差し指で抑えます。

三味線の楽譜は統一の楽譜が無く流派やジャンルによって書き方が異なります。
譜尺もそれぞれ異なります。
今回は長唄の譜尺を紹介しますね。

一番下が先程紹介した文化負の譜尺。
これは皆さんも見たことがあるのではないでしょうか。
津軽、民謡、端唄、小唄等も文化譜表記の楽譜がほとんどです。

真ん中が長唄の研精会で使われている譜尺です。
研精会の本は黄色い表紙の縦書きの本ですね。

一番上は長唄の佐門会のいろは譜の譜尺です。
“いろはにほへと”で楽譜が書かれています。

もう少し拡大して見ますと。

文化譜尺はポジションが一列書かれているだけですが、
研精会譜尺は1,2,3,の弦毎に数字か書いています。
いろは譜尺も弦ごとにひらがなが書いています。

面白いですね。全然違いますね。

私は文化譜しかあまりよく分からないので、あまり他の譜尺について言えないのですが、
研精会譜は唄の方にも便利なようです。
研精会譜は唄本としても使われています。

いろは譜も使っている方には便利なようです。
長唄の場合各流派で流派の楽譜が多くあります。
今日聴いたのですが今藤派の楽譜は文化譜に近いそうです。
私は見たことが無いですがそうすると横書きですね。

当店に色々譜尺があったので皆さんに紹介したくて今回コラムに書きました。

三味線のお稽古は楽譜無しで暗譜のお稽古の期間が長かったので、
私が若い頃でも楽譜は使わない先生方が多くいました。

唄方は楽譜が見れるのに三味線方は暗譜なんて不公平だ!
なんて言う方もいますが(笑)
やはり楽譜を見てしまうと頭が下を向いてしまうので、
無い方が格好がいいなとは思います。

そんなことを言っても私も楽譜を見ていましたが(恥)

でも最近は現代音楽などで新しい作曲の曲などもやりますので、
楽譜は必要ですよね。

楽譜ができてお稽古がやり易くなったのは事実です。
楽譜と譜尺は皆さんうまく使いましょうね。

こんな茶紙に書かれた文化譜尺が本に挟まって売っていたこともありましたよ。

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

 

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
少し前に東京経済新聞に”江戸の芝居小屋”という浮世絵の
シリーズを連載していました。

楽しく読まして頂いたのですが、楽器屋さん視点でこの浮世絵を
楽しんでみたいと思います。

私が一番面白かったこのシリーズの浮世絵は

歌川国貞作『中村座三階稽古惣ざらいの図』
これは面白いですね、江戸時代の歌舞伎の初日前の最後の通し稽古の一場面なのですが、
今もあまり変わっていないのではないでしょうか。
私はあまり歌舞伎の下浚いには参加しないのですが、
時々テレビで拝見するとこのように演者と三味線弾きの周りに関係者がたくさん詰めていますよね。
現在ですとテーブルと椅子が置かれているくらいでしょうか。
みなさんいまでは浴衣ですがこの時代は着物を着ていますね。
今よりもっと着物が普段着として身近だったのでしょうか。

灯りはロウソクのようです。
初日前に役者と演奏家が最後の稽古の緊張感が伝わってきますね。
私も先日国立劇場のお稽古場で下浚いのお手伝いをしましたが、
本番より緊張感がありますね。
本番は始まってしまえば一回勝負ですが、下浚いは弾き終わっても、
ああじゃない、こうじゃないと色々意見交換をしていますよね。


歌川国貞作『楽屋錦絵二編 かつら師かづら打図』

奥で金槌を持っているのがかつら師だそうです。
手前で役者さんが演技の打ち合わせをしているのでしょうか。
かつら師さんは眼鏡を掛けていますね。
この作ったかつらを床山さんが様々な髪型に結い上げるのだそうです。
我々も演奏者の方の傍らで三味線を用意したりして、
かつら師さんの位置に居ることが多いいので何か気持ちがわかるような気がします。
仕事に集中するので演者の話を聞いているような聞いていないような。
この時代はもちろん禁煙室なんかありませんよね。(笑)


駒井美信作『芝居桟敷』

ご贔屓の役者さんを観に来たんでしょうね。
今で言うプログラムを見てご贔屓の役者さんを探しているのですね。
提灯に高麗屋と菊之丞と書いてあるので、そちらがご贔屓なのでしょう。
当店に来てくれるお客様も歌舞伎が好きな人がとても多くて
贔屓の役者さんが必ずいて恥ずかしそうに話す方や、
嫌いな役者さんの話をずっとなさる方もいます。(笑)
何代にも渡ってご贔屓筋の方もいます。
ご贔屓さんはありがたいですよね。

そして芝居がはねて夜の街に出てみなさん家路に帰ると言うところでしょうか。
満月がみなさんを見送っていますよ〜〜〜〜。

歌川広重作『名所江戸百景 猿わか町よるの景』

この作品は現在当店のお店に飾ってあります。
皆さん見に来てくださいね。(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

こんばんは。 三味線亀ちゃんです。
秋ですね、いい季節になってきました。
なにをやるにもいい季節ですね。

さて前回からの続きですが小唄の糸巻きの良いものは、
黒檀に紅木を張った紅木張りという糸巻きを使うのですが、

昔は紅木の代わりに桑を使っていました。

桑は木目が綺麗に出ますから出来た頃は綺麗でしたでしょうね。
多分桑が無くなってきて紅木に変わってきたのでしょう。
今では桑の糸巻きはないですね。
紅木も段々と少なくなっているので、他の木に変わるかもしれませんね。

この糸巻きも昔はよく使ったようでよく見ますね。
一本の黒檀の糸巻きを螺旋状に削り出しています。
よく『ねじりん棒』と楽器屋さんは呼んでいましたね。

糸巻きを回す時に引っ掛かりが良くて回しやすいと思います。
しかしやはり今では手間がかかりすぎて作れませんね。


こちらの糸巻きはとても珍しいですね。
当店に1本しかありませんでしたが黒檀の糸巻きに薄い象牙が張ってあります。
張ってあるというか象牙の入る部分を掘ってそこにはめ込んでいます。
これも出来た頃は綺麗でしたでしょうね。
象牙はもっと白かったでしょうから。

このように見て来ると糸巻きの手元にいろいろな装飾や材料を使っていますが、
糸巻き金物に入る部分は黒檀ですね。
黒檀の糸巻きはやはり止まりがいいですから。
最近はアクリルの透明な糸巻きを津軽三味線の方を中心に使う方が多いいですが、
やはり先の部分は黒檀を私はお勧めしますね。
使い勝手は黒檀が一番いいと思います。

最近は「ゆるまない糸巻き」という便利なものも出来てきて、
また新しい糸巻きも出て来るかもしれませんね。
当店ゆるまない糸巻きのページ
http://www.e-kameya.com/product/nonslip.html

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

 

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは三味線亀ちゃんです。

最近お店を片付けていましたら、色々昔の珍しい
糸巻きが出てきましたのでみなさんに紹介します。

まずは

これ何の変哲の無い糸巻きのようですが、これは白檀でできた糸巻きです。
白檀と言いますとお香に使ったりしますが、昔は三味線の糸巻きにも使ったんですね。
削るといい匂いがします。
多分この糸巻きは白檀で作った三味線につけたと思います。
白檀の三味線!贅沢ですね。今では出来ないでしょうね。
三味線を作るぐらいの大きな材料はなかなか手に入らないと思います。
白檀の三味線を昔見たことがありますが、作ったばかりの時はいい匂いがしたでしょうね。粋ですね。多分小唄の三味線でお気に入りの芸者さんにプレゼントしたのではないでしょうか。みなさん人の持っていない三味線を競って作った時代もありました。


こちらは一見白檀の糸巻きに似ていますが、これは白紅木の糸巻きです。
トチ柄が綺麗に出てるのが分かりますでしょうか。
白紅木は今はほとんど有りませんが一時期白紅木の三味線が流行りまして、
盛んに作られました。その時の糸巻きでしょう。


こちらも一見普通の糸巻きですが、近くで見てみると手彫りで全面に模様が入っています。細かい模様ですね。これも今では出来ないでしょうね。
これは私の想像ですが魔除けの意味もあったように思います。
見事ですね!あまりこのように模様を入れたい糸巻きは滅多に見ません。


こちらは糸巻きの頭の部分に装飾をしています。
私この糸巻きは同じ3本1組の糸巻きだと思っていたのですが、
今回よく見てみると一つ一つ装飾が違いますね。
一番下の糸巻きの装飾は家紋でしょうか。
時々昔の三味線にも家紋を蒔絵で入れた三味線を見ますので、
糸巻きのも入れたのでしょうね。

糸巻き一つにしても面白いですね。
今回はこれくらいにして次回また面白い糸巻きご紹介しますね。

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | 2件のコメント

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
今日は紅木の三味線の色の変化について書いてみます。

舞台用の三味線は紅木の三味線が多いのですが、
この紅木の三味線は面白い特長がありまして、
荒木(三味線になる前の原木の状態)から、
三味線を作ると最初は赤いんです。
それが段々と赤から黒くなっていきます。

画像を見てもらうと分かると思いますが、上の最近作った三味線は下の三味線より
大分赤いのが分かりますよね。

この三味線は綺麗に赤くなっていますが、最近古い荒木が多いいので、
三味線を作ってみるとすでに黒くなっているところがあったり、
赤く残っているところがあったり、まだら模様になっている事もあります。
一部赤くなっている画像を載せますね。

この画像は分かりやすいと思うのですが、真ん中に赤く残っている所があり、
周辺が段々黒くなっていっているのが確認できると思います。

三味線が出来てこのような赤と黒が棹全体に出た時は、
少しお店に置いておき、ある程度全体が黒くなるまで置いておきます。

そうですね1ヶ月から1ヶ月半である程度黒くなるかなと思います。

なぜ三味線が黒くなるかと言うと、木に鉄分が入っているので、
空気に触れると段々黒くなってくると言う話を聞いています。

黒くなり方も真っ黒になる三味線もあるしある程度赤味を残して、
そこで止まってしまう三味線もあり様々です。
面白いですね。
色が徐々に変わっていくなんて木材でなければ楽しめませんよね。

三味線亀ちゃんとしては黒くなった三味線は赤くなりませんので、
三味線を作ったら最初の赤い三味線を楽しんでいただきたいな〜〜
と思います。

この秋は張替えが多くなってます。
夏に気候の変化が激しかったからだと思います。

皆さんも演奏会前に三味線のチェックを怠りなく!
修理の時は亀屋邦楽器をよろしくお願いします。(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。
夏は如何でしたか?
まだ暑い日が多いいですけど、
秋は演奏会の季節ですので、
三味線の季節でもありますね。
さて今日は邦楽器を描いた浮世絵についてです。

こんな浮世絵のポストカードが当店に張ってあります。

この浮世絵はボストン美術館所蔵 葛飾応為作『三曲合奏図』です。
葛飾応為さんはあの葛飾北斎の娘さんです。
北斎お父さんの制作を手伝っていて「おーいおーい」と言われたので、
葛飾応為と名乗ったとか。
面白い逸話がある方ですが、色々ネットで調べると作品についての解説がありますが、
楽器屋の亀ちゃん的には、三曲の合奏に「胡弓」を使っているところが面白いですね。

今では三曲合奏と言うと尺八が入るのがほとんどだと思うのですが、
江戸時代後期(作品の制作年代 文政年間1820年前後)のこの時代ですと、
胡弓が入るのが普通だったのかなと思うわけです。

胡弓は私が邦楽業界に入った25年前には殆ど見なくなっていました。
三曲の演奏会に行くともちろん尺八が入っていました。

業界に長く身お置いていると段々胡弓が昔は三曲に入っていることを知り、
ある日父がこのポストカードを買ってきた時にとても感銘を受けました。

昔は尺八は男性が吹くものでしたので、
女性の合奏に男性が入る事は憚れたのでしょうか。
明治になってから段々尺八が三曲に入ってきたと聞いております。
女性の三曲の中に男性的な尺八が入ったので、音楽的に豊かになったとも言えたのでしょうか。
尺八に演奏家に名手が輩出したのも原因かもしれません。

平成の終わるいまですとまた胡弓もいれて「四曲合奏」もいいかもしれませんね。(笑)

胡弓の毛が黒いのも面白いなと思います。
現在は毛は白いですから。
浮世絵はデフォルメしている場合もありますが、
私は結構正確に描いている場合も多いいと思うので、
この時代は胡弓の毛は脱色しないで使っていたのかもしれませんね。

最近は胡弓の愛好家の方も徐々に増えています。
日本で発達した数少ない擦弦楽器ですので、
またやる方が増えるといいな〜〜とこの絵を見ると思います。

当店にいらっしゃたら、この葛飾応為さんのポストカードが、
店内の何処かに張ってありますので探してみてくださいね。(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

先日 8/3(金)毎年両国江戸東京博物館で行われていた、
イベントを今年は上野の東京文化財研究所さんとコラボ開催したのですが、
とても興味深い開催となりました。
午前中が我々職人の実演で午後が文化財研究所さんのパネルトークや
講演でした。

我々はこの様にエントランスで実演しました。

こちらの研究所さんは色々な資料を持っていらっしゃって、
この会場の我々が実演していた後に面白い絵が貼られていました。


こちらは江戸時代の三味線屋さんです。
左上に”三味線屋”と書いていますね。
昔は琵琶も売ってたんですね。
右側の琴の前にある道具は張替え台ですね。
いま我々が使っているのとほとんど変わりません。
右上にあるのは多分皮を張る時に皮を湿す手ぬぐいでしょうか?
我々も皮を張った後このように手拭いを干しているので、
同じなんだな〜〜と思って見てました。
左上の三味線と一緒に並んでる葉っぱはムクの葉でしょうか?
三味線の糸巻などを修理する時は今でも使います。
職人さんの前の桶に入っているのは刃物を研ぐ石でしょうか。
職人さんは三味線の修理が終わって音出しをしている所でしょうか。
多分長屋の一室の風景ですよね。
今でもやり方は江戸時代から変わっていないと確認できました。

次がまた興味深い絵です。

これはどうゆう絵なのでしょうか。仲間と話し合ったのですが
三味線を籠に入れて売ってますね。
三味線屋さんが昔の豆腐屋さんのように街を流して売ってたのでしょうか?
面白いですね。
研究所の方に聞いてみたのですがよく分からないということでした。
三味線の資料を探していたら出てきたそうで説明は付いてなかったそうです。
想像力を掻き立てられますよね。

私はこう想像しました。
江戸時代は街で流しで売っていても、
”三味線一丁ちょうだい!”と声が掛かったのではないのでしょうか。
三味線はとっても庶民にとって身近な楽器なんだったんだなと。

亀ちゃんも三味線がまた皆さんにとって身近な存在になれるように、
頑張っちゃおうかな〜〜 と思ったイベントでした。

さて次回は私夏休みでコラムお休みします。

皆さん元気に夏を乗り切りましょうね。
次回は9/6(木)掲載予定です!(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

亀屋は仕事以外にもいろいろ活動をしてます。
今回は少しご紹介させて頂きます。
先日当店のお客様の仲立ちで
小学校のサマーワークショップに参加してきました。

1時間程三味線についてお話ししましたが、
小学生低学年の子供9名程の前でお話ししましたが、
可愛いですね。(^^)


クーラーの効いている部屋で助かりました。
ご紹介頂いた先生の配慮でしょうか。ありがたかったです。


三味線の中木を指し棒がわりにしてます。(笑)
学校で地図をお借りして三味線の材料はインドとか、東南アジアから、
来てるんだよ〜〜と話しています。


三味線の材料とか作りかけの三味線を見せながら三味線はこうゆうように、
出来るんだよ〜〜〜と話してます。


左下にあるのが持参した道具箱で刃物等も見せてこうやって使うんだよ〜〜
なんて話してます。
胴は4枚の材料を合わせて作るんだよ〜〜と話しました。
今回はクイズをたくさん出しました。
この刃物はどこに使うんでしょうか?みたいに。
子供はクイズが好きですね。好評でしたよ。


楽しいそうな顔で話してますね。(笑)
この笑顔はお店ではないかもしれません。


私のお話の後は、先生の教え子の高学年の先輩小学生さんが、
模範演奏です。
今回の見学の子供さんは三味線の経験が無く先生は三味線を弾かせたり、
三味線に触れたりして興味を持ってもらえたかなと思ってます。

さて私亀ちゃんはこの夏イベントのも参加します。
毎年の8月に私達東京の職人の組合『東京邦楽商工業組合』
が行っている夏のイベントが今回は上野でおこなわれます。

国立文化財機構 東京文化財研究所さんと共催で、8/3(金)に
上野の東京文化財研究所でイベントを行います。
私たち職人が楽器作りの実演と研究所さんのパネルトークや
講演があります。

『伝統の音を支える技』と題してのイベントです。
先着100名(7/23まで)ですので是非お問い合わせくださいね。
連絡先 東京文化財研究所 無形文化遺産部 03-3823-2443(担当 前原)
HP: http://www.tobunken.go.jp/japanese/event.html

私三味線亀ちゃんも参加しますよ。(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは。三味線亀ちゃんです。

今日は糸巻きが調子が悪くなったらというテーマで、
書いてみたいと思ってます。

糸巻きの修理は三味線屋さんの修理の中でも、皮の張替えと並んで、
糸巻きの修理は主な修理の一つです。

最近糸巻きの調子が悪いとお電話を頂くのですが、
当店に持って来て頂ければお預かりしたり
その場で直したりできるのですが、
お住いが遠くてもっていけないので、
何とかならないかとお問い合わせを頂く事が多くなりました。
三味線屋さんが減っているので最寄の地域に三味線屋さんがない場合が、
多くなっているようです。

そうゆう事情もありますので今回は、自分でちょっとした糸巻き調整をしてみましょうと
という事です。

いくつか方法があるのですが、まずはサンドペーパーを使います。

250番位がいいと思います。

このサンドペーパーを黒檀の糸巻きですと、
糸巻き金物と接している所が光っていますので、
そこにサンドペーパーを付けて糸巻きをグルグル
回して下さい。

こうしますと糸巻きに付いた手油などがとれて止まりが良くなります。
演奏会前にどうしても糸巻きが止まらない場合は応急処置として
やってみて下さい。

あまり何回もやり過ぎると、糸巻きが削れてしまい、
糸巻がガタガタになって、我々が修理する時に修理できなくなる時も
ありますのであくまでも応急処置としてやって下さい。

後はですね水で糸巻を洗うと言うのも良いと思います。
これはですね糸巻きに付いた脂分が水で流されて、
止まりが良くなります。このやり方も良いと思います。

現在の時の様に湿度が高い時は糸巻が止まらないというよりも、
糸巻が動かなくなる時があります。
象牙も黒檀も自然の物なので湿度を吸って膨らんで、
糸巻金物にガッチリ食い込んでしまって動かなくなってしまいます。

無理をしないでその時は1日クーラーの効いた部屋に入れておくと
糸巻の湿度が抜けて糸巻が動くようになります。
これは豆知識ですが役に立ちますよ!

さて毎年の8月に私達東京の職人の組合『東京邦楽商工業組合』
が行っている夏のイベントが今回は上野でおこなわれます。

国立文化財機構 東京文化財研究所さんと共催で、8/3(金)に
上野の東京文化財研究所でイベントを行います。
私たち職人が楽器作りの実演と研究所さんのパネルトークや
講演があります。

『伝統の音を支える技』と題してのイベントです。
先着100名(7/23まで)ですので是非お問い合わせくださいね。
連絡先 東京文化財研究所 無形文化遺産部 03-3823-2443(担当 前原)
HP: http://www.tobunken.go.jp/japanese/event.html

私三味線亀ちゃんも参加しますよ。(^^)/

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする

みなさんこんばんは三味線亀ちゃんです。

暑くなって来ましたね。東京は最速の梅雨明けになるかもと聞いてます。

夏は皆さんは浴衣会がありますかね浴衣は以外と暑いようですが、
見た目はとても涼しそうでいいですよね。

暑いときに電車に乗りますと長カバンだと邪魔になりません?
そんな時は三つ折れカバンで運ぶと小さくコンパクトで楽ですよ。
東京は電車移動が多く楽屋が狭いので結構三つ折れカバンを
お買いになる方が多いいのですよ。

しかし三味線を三つ折れカバンに入れた事がない人が結構いらっしゃるので、
今日は三味線を三つ折れカバンに入れてみます。
画像付で詳しく解説しますからね。
長唄三味線で入れてみますが津軽三味線等も同じですから、
是非挑戦してみてください。

まずは三味線を三つに畳みます。
こちらもあまりやった事がない方がいるようですが、
家のホームページに畳み方が動画で観れますので参考にして下さい。
http://www.e-kameya.com/packing/

三味線を三つに畳んだら仮継ぎをつけて下さい。

仮継ぎは紅木の三味線に買った時に必ずついているはずです。
逆に練習用の花林の三味線には付いていない事が多いいようです。
その場合はエアーパッキンで三味線を包むといいと思います。
三味線の抜いた部分が弱いのでその部分をよく包んで下さい。

三味線に仮継ぎを付けたら三つ組袋に入れましょう。

そして三つ折れカバンに入れるのですが
家の三つ折れカバンは中が特に仕切られていません。

ここにまずは上棹、中棹を入れます。

この時に上棹をグッと右に寄せて下さい。
三つ折れカバンは非常に効率的に出来ていて、
キッチリ三味線を入れていかないと入りません。
よく三味線が三つ折れカバンに入らないと言われるお客様が、
いらっしゃいますが大抵は上棹を右に寄せていない場合が多いい様です。

その開いた空間に胴を入れます。

ね!キッチリでしょ!
胴を入れる時は少し胴を傾けて入れると入れやすいと思います。

これで三味線は入ったのですが三つ折れ三味線の良いところは
こんなにコンパクトなのに小物も結構入っちゃう所なんです。


このような駒入れも蓋を占めてから、


こんなところに入っちゃんですよ。(^^)

さらに

撥入れもつや布巾も入って撥入れに指掛けひざゴムを
入れれば演奏に必要な物は皆入っちゃいます!
楽譜もつや布巾の上に入れれば入ります。

便利ですよね!
カバン屋さんに聴くと長カバンに比べて三つ折れカバンは、
圧倒的に数が少ないそうです。

みなさん三つ折れカバンに挑戦してみませんか。

三味線亀ちゃん
http://www.e-kameya.com/

 

投稿日: 作成者: 亀ちゃん(亀屋邦楽器) カテゴリー: コラム | コメントする